Home > nocategory > 中国の食品管理と輸入

中国の食品管理と輸入

4月 2nd, 2014

一頃前、イタリアでも中国食品の危険なニュースが蔓延し、
市民は中国食品から
遠さかりました。
今は、騒がれないですし、町で昔ほど中国の食品を見かけません。

そもそもイタリアの中には中国人ぽい人達もいて、清潔、衛生観念に欠けている、
という人もいます。
殊に他人に提供するものは、落としたものでも拾って又、皿に
盛る、という恐らく日本では考えられないでしょう。

マクドナルド店に時折行っていましたが、もう行きません。
今までのもの、
大丈夫だったかと、心配になります。


食品は遠ざけていますが、中国は強大な国、とイタリアでは印象づけられています。

核保有国であることと、強大な軍隊があることからでしょう。

しかし、日本からのODAによって中国国家が支えられている、という事実には無知です。

これは日本政府の責任でしょう。現首相は良く健闘していますが、世界に向けてもっと
日本がやっていることを宣伝すべきです。

nocategory

Comments are closed.